ドッキドキの現地小学校スタート!

長男がこの9月から現地の小学校、1st Grade に編入しました。
登校前日と初日について記録しておきます。

アメリカの多くの小学校では、新学期初日前日に担任の先生と顔合わせ登校をします。親子で先生と会い、挨拶をし、気になることがあれば伝えておきます。
もともと内弁慶で人見知りが強い長男は、ガッチガチに固まってしまい、パパにしがみついて抱っこされてて、同級生の女の子に「あの子ベイビーみた~い!」と言われる始末…。

明日から学校大丈夫か…朝送っていっても教室に入れずにしがみつかれて大泣きするんじゃないか…昼間学校から呼び出しがあるんじゃないか…慣れるまで何ヶ月も「学校行きたくない」と毎朝泣くんじゃないか…と私の方が不安いっぱい。
母親の私自身が英語を話せもしないのに、この子の将来の選択肢を広げてやりたい貴重な経験を積ませたいと言いながら、友達もひとりもいない、言葉もわからない環境に小さな子を放り込もうとしている…自分は鬼母なのではないか…などと本気でふさいでおりました。

すでに担任の先生とはEメールでやりとりをしていたのですが、とにかく「息子はもともと繊細で恥ずかしがり屋で、はじめての場所では慣れるのに時間がかかる。英語も話せないし、すごく緊張しているので、彼の気持ちを楽にしてやってほしい」ということは伝えておきました。先生からは「よくわかりました。時間が必要かもしれませんが、大丈夫です。私にできることはなんでもするつもりです」と頼もしいお返事をいただいておりました。
ちなみに担任の先生はとっても優しい女の先生で、教師歴9年、そのうち1年生を担当したのが6年と、1年生教育のエキスパートです。


翌日の朝、朝食を食べながら長男から「グッモーニン、ってがんばって言えたら合格?」と言われ、子供なりに立ち向かおうとしていることを感じました。
そして教室まで手を引いていき、ドアに立っていた先生が「Good morning! オハヨウゴザイマス!」と英語と日本語両方で挨拶してくれました。(や、やさしい~!)長男も小さい声でグッモーニンが言えました。さあ入って~!と言われ、長男は意外なほど簡単にスルッと手をほどいて教室に入っていきました。あ、あれ!?拍子抜けしたのは私です。
えーと…じゃあね?3時にお迎えくるね?と言ってバイバイ。


この日は一日中、自宅でiPhoneを握りしめ、時計を5分おきに見ながら過ごしましたw
いつ呼び出しの電話が鳴るか、今頃お昼ごはんちゃんと食べているだろうか、トイレは行けただろうか、などもうずっと心配で不安でソワソワソワソワしっぱなし!
私の方がお腹痛くなっちゃってましたw


そしてお迎えの時間が近づき、次男と末娘を車にのせて、これまたドッキドキの車のお迎え!
自慢じゃありませんが、ペーパードライバー歴10年超のワタクシ!なんの因果かアメリカで、左ハンドルの7人乗りの大きなワゴンを運転しなければいけない羽目になっております!泣

長男の小学校の送迎はドライブスルー形式で、ロータリーをぐるっと回って玄関前で停車し、子供をピックアップしてそのまま出ていくのです。車から降りる必要がなく、長男以外にチビ2人も乗せている私にはありがたいシステムなのですが、なにしろはじめてなので勝手がわからず、運転に慣れていないしも~ドキドキヒヤヒヤでした。

3時ぴったりにしか門があかないので、早めに並んで待っている車はエンジン切って窓開けてたりするんですが、私も1回エンジン切ったらなぜかエンジンかからなくなって、パニックで死ぬかと思いましたwww
よくわかんないんですけど、キーを回してもなんかのエラーランプがついていてエンジンかかんなかったんですよね、よくわかんないんですけど…(このレベルで子供をのせて車を運転しているという恐怖!泣)
そんで半泣きで1回ドライブに入れたりパーキングに入れたりガチャガチャやってたらエンジンかかったんですよね…w

そんで3時になり、1台ずつジワジワと列が進み…ロータリーを回り、校舎の壁沿いにゆっくりゆっくり進んでいる途中のことです。

ガッコン…

ハイ、車こすりましたwww
なんか低い鉄柱があったんですよね、完全に視野狭窄になっててまったく目に入ってなかったんですけど…w

あはははヤッチマッター!www とその場ではなんか逆にハイになってたんですけど、夫にもネチネチ言われてあとですっごい落ち込みましたw

なにはともあれ誰も怪我してないんだからよし!w

で、無事長男をピックアップして、自宅に着いて、もうドーーーーッと疲れました、ええ本当に…。


長男はとっても元気で帰ってきてくれました。
「僕、グッモーニンと自分の名前言えたよ!」(がんばった!えらい!)
「先生がおはようございますって言ったら、僕以外みんな笑ってたの。何もおかしくないのに」(どうも朝の会的なときに日本語もしゃべってくれたようです…やさしい…)
「お弁当おいしかった!でも他の子おかしいんだよ、カップケーキとか食べている子がいたよ?それってデザートじゃないの?」(話には聞いていたけどアメリカ人のお弁当って…)
などなど…。

先生からも「彼は泣くことも取り乱すこともなく、ワンダフルな1日を過ごしました!我々は今までにも日本人の子の教育にチャレンジしてきていろんな経験やノウハウがありますが、それにしても彼は素晴らしかった!心配いりません!」とメールいただきました。


それから学校は嫌がらず毎日フルで通っています。
また、翌週から同じクラスに新たに日本人の男の子が編入してきて、仲間ができて心強くなりました。

ESLの授業もはじまり、英語もちょっとずつ覚えているようです。
宿題も1日プリント2枚出ています。
算数と国語でこんな感じです。

20120916-164244.jpg

算数は数式や図解があればサラサラっと解けるのですが、英語がわからないので文章問題で苦戦しています。(親も…)
国語は名詞が親もわからないものが多く、辞書を引き引き一緒に取り組んでいます。犬や猫はともかく、「熊手」や「ハシゴ」を英語でなんて言うか知りませんもの…w
これらの宿題は20分で終わる内容とのことですが、30~40分くらいの時間かかってますね…。
まず本人にやらせてみせて、出題を英語で読んで、日本語に訳してやって、それでわかるところを本人がやる、わからないところはヒントを出す、それでもわからないと解説しながら教えてやる…と段階的に教えているので時間がかかります。

我が家は長男1人だし1年生だから内容も易しいですが、お子さん2人以上就学していて中学年以上の駐在ご家族は本当に親子とも大変だと思います…。

ちなみにアメリカでは宿題は生徒の習熟度に合わせて、生徒ごとに違うものが出されます。おそらく長男に出されている宿題は初歩的なものなのかと…。
個人に合わせて伸ばしてくれるのはアメリカの教育のいいところですね。


こんな感じで日々がんばっておりまーす。
ごはん写真もたまってますが、ぼちぼち更新していきますね~。

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Google フォト

Google アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

%s と連携中


%d人のブロガーが「いいね」をつけました。